flash

耐震補強

耐震してますか

耐震補強の重要性

地震活動が活発な環太平洋地震帯に位置する日本では、大地震が昔から頻繁に発生しており、近い将来にも、首都直下地震や南海トラフ巨大地震などの巨大地震が高い確率で起こると予測されています。
建物の耐震について、新築はもちろんリフォームでも、いつ起きるかわからない地震に備えて家族を守る家造りをすることが大切です。

阪神・淡路大震災では、昭和56年以前の基準で建てられた建物の倒壊によって亡くなった方が多く、築年数の古い建物は特に今後のため、補強をする必要があります。
また、そういった震災のたびに耐震についての基準や対策については法律が改正されていますから、建てたときには問題のなかった耐震性能が、現在では基準に満たないことがあります。

photo

耐震診断
耐震診断で考慮される項目(木造住宅の例)

建てた
時期

今までに
災害に遭ったかどうか

増築しているかどうか
・時期など

傷み具合や
補修・改修について

建物の
平面の形

大きな吹き抜けが
あるか

1階と2階の壁面が
一致しているか

壁の配置の
バランス

基礎の
形式

ほかにも様々な見方で細かく診断を行い、地震に対応できる家なのかを診断していきます。

ページTOPへ戻る △

木造住宅無料耐震診断を受ける

補助金についての情報を更新しました。
田原市にお住まいの方で、補助金対象となる方にはご相談させていただきます。

STEP1
申し込み

市役所建築課へお問い合わせ、申込書を提出して下さい。
申請等について、分からないことがありましたら金田工務店へご相談ください。
耐震診断の費用については、国や市が出してくれるので無料です。

【該当条件】
・田原市内の住宅
・現在住んでいる住宅
・昭和56年5月31日以前に新築された2階建て以下の木造住宅
(貸家の場合は貸借人の同意が必要です。)

又は日本建築防災協会等で開催する「木造住宅の耐震診断と補強方法」の講習を受けた建築士に診断を依頼する(昭和56年6月以降の木造住宅の場合)

↓

STEP2
診断員の派遣

市役所から診断員の決定通知書を郵送し、診断員の名前を知らせます。
診断は診断員(建築士)が行います。

通知書を送付後、診断員が直接お宅へ電話しますので都合のよい日時を打ち合わせして下さい。

photo

↓

STEP3
現地調査

基礎、壁のバランス・壁の強さ等から耐震調査を行います。
2時間程度の調査立会いをお願いします。

↓

STEP4
報告書作成

調査結果をもとに診断を行い報告書を作成をします。

報告書は診断結果の他、耐震改修のための補強計画案、概算工事費の算出をします。

photo

↓

STEP5
診断結果のお知らせ

診断員が報告書をもとに診断結果をお知らせします。
診断結果の報告日時は、診断員から事前に電話連絡いたしますので都合の良い日時を打ち合わせして下さい。
診断結果にもとづいて必要に応じアドバイスを行います。

お気軽にお問い合わせください

TEL 0531-22-5134

ページTOPへ戻る △

pageTOPへ戻る